冬の擬製豆腐

こんにちは101.png
連日の雪で、寒い日が続いていますね…!

そんな寒い中行われました、
先日のオープンキャンパスのレシピを一品ご紹介いたします177.png

【冬の擬製豆腐】
c0173014_10245905.png















< 材 料 > バット1つ分位
木綿豆腐   ----- 600gを水切りして400gにする
干ししいたけ ----- 2枚(戻す、戻し汁は捨てない!)
いんげん   ----- 4本
にんじん   ----- 40g
ごぼう    ----- 30g
サラダ油   ----- 小さじ2
だし     ----- 100ml
砂糖     ----- 大さじ1、1/2
みりん    ----- 大さじ1
しょうゆ   ----- 小さじ2
塩      ----- 小さじ1/2
卵      ----- 3個

< 作り方 >
① 木綿豆腐は1分ほど茹でて、ふきんに包んで400gになるまで絞る。
  (重しをして水切りして頂いても構いません。)
② 干ししいたけは2等分にして細切り、いんげんは斜め薄切り、
  にんじんは千切り、ごぼうは短めのささがきにする。
③ 大きめのフライパンに油をしき、にんじんとごぼうを炒め、
  少ししんなりしたら、干ししいたけと①の豆腐を手で崩しながら入れて炒める。
④ 軽く火が通ったら、干ししいたけの戻し汁(大さじ1位)とだし汁、調味料を加え、
  底に少し水気が残る位まで豆腐を崩しながら煮る。
   ※豆腐は細かくなるように崩しておくと仕上がりが綺麗です☆
⑤ 最後にいんげんを加えてさっと火を通す。
⑥ かき混ぜて粗熱をとってから、溶きほぐした卵を混ぜ、
  オーブンシートを敷いたバットに流しいれる。200℃のオーブンで約15分焼く。
⑦ 少し冷めたら切り分けて盛り付ける。


擬製豆腐とは、豆腐を使った精進料理の一つです110.png
名前の由来は、一度崩した豆腐をまた元の形に似せて作るところから
【擬製】と呼ばれたり、【義性】という僧侶が考えた事等、色々あるそうです…。

ご自宅にオーブンが無くても、卵焼き器でも焼けます♪
具材は、他にもねぎやきくらげ、鶏ひき肉などもお勧めです。
冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもどうぞ!

栄養士 平田 夏菜

[PR]
by nsc-n2 | 2018-01-26 11:08 | レシピ

旬の食材を使ったレシピを紹介します。


by nsc-n2