鶏肉のシードル煮風

こんにちは。
クリスマスも近いので、今回は、クリスマスディナーにも使えるようなレシピをご紹介したいと思います169.png169.png
c0173014_17572995.jpg
~材料(6人分)~
鶏手羽元      18本
塩         少々
白こしょう     少々
小麦粉       小さじ2/3
バター       20g
アップルタイザー  750ml
顆粒コンソメ    小さじ2
リンゴ       1個

~作り方~
1.手羽元に塩をまんべんなく振りかけ揉みこむ。
2.リンゴをくし切り8等分に切り、次に横に2等分に切る。    
3.手羽元に小麦粉をまぶし、バターを熱したフライパンで軽く焼き目が付くまで焼く。
4.Aを加え、中火ぐらいで煮込む。
    (アップルタイザーが一気に泡立つので注意して下さい!)
5.液量が2/3ぐらいになったら、鶏肉を裏返し、リンゴを加えさらに煮込む。
6.リンゴがコンポートのようになったら皿に盛り付ける。

※今回は、付け合せにブロッコリーとカリフラワー、星形に切り抜いた人参を添えました。


シードルというのは、リンゴで作ったスパークリングワインのようなものです。
今回は、子どもでも食べれるようにリンゴ果汁100%で作った炭酸飲料のアップルタイザーで作りました。

鶏肉とリンゴは、とても相性が良いのです。104.png165.png
リンゴの酸味が鶏肉をさっぱりと食べさせてくれるので、いくつでも食べられます。
この時期に作るなら、リンゴの皮は剥かずに調理してほしいです。
アップルタイザーの酸でリンゴの皮がキレイな赤色なります。

今回は、シンプルに鶏肉とリンゴだけで行いましたが、
ジャガイモやマッシュルームのきのこ類と一緒に煮込んでも美味しいですし、
最後に生クリームを加えてクリーミーに仕上げても美味しいです。
自分の好みの組み合わせを是非見つけて下さい177.png

栄養士:髙野晃市


by nsc-n2 | 2017-12-20 18:06 | レシピ

旬の食材を使ったレシピを紹介します。


by nsc-n2