おすすめ旬の鮎ご飯

こんにちは。
梅雨入りした今日この頃・・・057.gif
おいしいものを食べてジメジメ感を吹き飛ばしたいものです。

今回のレシピは6月から解禁となった、鮎を使ったレシピです。

鮎は日本列島の河川に広く分布し、
春になると海から川を遡上する魚です。
寿命1年であるため「年魚」、
その独特の香りから「香魚」とも呼ばれています。

鮎の香りを楽しむには塩焼きが一番・・・なのですが、
焼いた香りもうまみも丸ごと味わうために、
作ったのがこちら・・・
c0173014_17462574.jpg

鮎ご飯

シンプルに鮎を楽しむのにオススメです。001.gif
使うのは養殖鮎でもとてもおいしく作れるので、
スーパーで見かけたらぜひお試しくださいね。

《材料》4人分 
米             2合
鮎             2匹
大葉            5枚

ご飯を炊く地の目安量
  鰹昆布だし        450cc
 薄口醤油         大さじ1・1/3
 みりん           小さじ1
 酒             小さじ1

《準備》
 米を研ぎ、30分~1時間ほど水で浸漬させた後、ざるにあけて水気をしっかり切っておく。
 鮎はため水の中でさっと洗い、尻びれ手前を腹側からしごいてふんを出す。
 ※鮎は内臓も食べられるので、お腹は開きません。034.gif

《作り方》
①鮎に薄く塩を振り、魚焼きグリルで焼く。
 背びれや尾びれ等をきれいに残したい場合は、化粧塩をする。
②焼き色がきれいについたら①を取り出しておく。
③土鍋に、水切りした米と合わせた地を合わせ、具材なしで炊き始める。
 蓋をして中強火で12分ほど、沸騰するまで。
④③が沸騰したら、蓋をあけ焼いた鮎を入れ、弱火にして12分炊き上げる。
⑤大葉をせん切りにする。
⑥最後に、④を強火にして10秒したら火を止め、10分蒸らす。
⑦炊き上がったら、鮎の頭と骨等を取り除き、身をほぐして
 ご飯とさっくり 混ぜ合わせ、薬味をのせて召し上がれ。003.gif

※鍋炊きの場合、鮎の身をほぐす前に炊き上がりを見せると、
 おもてなし向きになります。
※炊飯器の場合は、炊飯器の2合の目盛りに合わせて、地を入れてください。
 目安量なので余ることもあります。炊飯器の目盛り優先で大丈夫です。
※薬味は大葉以外にも、茗荷、あさつきもおすすめです。

今回はもう一つ・・・

旬じゃないときにも鮎が食べたい・・・とき、
魚焼きグリルない・洗うの面倒くさい008.gif・・・とき、
こんな変わり鮎ご飯はいかがでしょう。049.gif
c0173014_17475330.jpg

鮎ご飯まぶし風

こちらは、市販されているこのような
c0173014_17485231.jpg

鮎の甘露煮を、米とだしの具材なしで炊いたご飯の上にのせて、
ひつまぶし風に薬味と混ぜて食べます。
鰹昆布だしを多めに用意して、だし茶漬けにしても美味しいですよ。018.gif

一度お試しを。058.gif

                                                    栄養士:玉置 祥子
[PR]
by nsc-n2 | 2014-06-12 18:02 | レシピ

旬の食材を使ったレシピを紹介します。


by nsc-n2