こんにちは。

ずいぶん寒くなってきました101.png

今回は、これから色々な品種が旬を迎えるりんごを使ったレシピをご紹介いたします。


c0173014_17431431.png

材料

~ピザ生地(4個分)~

強力粉        240g

薄力粉        80g

塩          小さじ1/2

砂糖         小さじ1/2

ベーキングパウダー  小さじ1

オリーブ油      大さじ2

ぬるま湯       160cc


~りんごとクリームチーズのピザ~

りんご        1/2

★クリームチーズ   50g

★はちみつ      小さじ1.5

★レモン汁      小さじ1/3

グラニュー糖     小さじ2

バター        15g(細かく刻む)

シナモン       適量

チャービル      適宜



◇作り方

c0173014_16314198.png

~ピザ生地~

1.ボウルに強力粉、薄力粉、塩、砂糖を入れてさっと合わせる。

2.1にオリーブオイル、ぬるま湯をすこしずつ加えて混ぜる。まとまってきたら、手で混ぜ合わせしっかりこねる。(まとまりが足りなかったら水を少し足す。)

3.ラップに包んで、約15分~30分寝かせる。

4.生地を4つに分ける。


c0173014_16315181.png

~りんごとクリームチーズのピザ~

1.1/4量の生地を打ち粉をふった台の上で、麺棒等を使用し1.5㎜程度の厚さになるまで伸ばす(直径約20㎝)。

2.フォークでピケし、250度に予熱したオーブンで3分焼く。

3.りんごは、薄く切り、レモン水(レモン水のレモン汁は分量外)に浸す。★のクリームチーズ,はちみつ,レモン汁を混ぜ合わせる。

4.空焼きした生地に、合わせたチーズを塗り、りんごをのせ、砂糖とバターを散らし、250度のオーブンで8分焼く。

5.焼きあがったら、お好みでシナモンをふりかけ、チャービルを飾る。



今回のピザ生地はとても軽い食べ心地のピザができる配合です。

だから、サラダをのせたり、定番のマルゲリータや、和風ピザ等色々なアレンジをしても美味しく食べられる生地です。ぜひ色々工夫してみてください113.png




栄養士:鈴木彩加


[PR]
# by nsc-n2 | 2018-11-12 18:03 | レシピ
こんにちは。
食欲の秋ですね。
秋は美味しい食材が多くて、ついつい食べ過ぎてしまいますね。119.png
今日は、きのこをつかった一品をご紹介いたします。

c0173014_14534072.jpg

秋のキノコたっぷり和風カレー
<6人分材料>
・鶏もも肉   1枚    ・カレールー(市販) 1/2箱
・塩、こしょう 少々    ・生姜        30g
・小麦粉    適量    ・だし汁       1ℓ
・サラダ油   大さじ1  ・濃口醤油      大さじ1

・エリンギ   1パック
・舞茸     1パック
・しめじ    1パック
・長ネギ    1本

作り方
~下ごしらえ(鶏肉)~
1. 鶏もも肉1枚を12等分に切る。
2. 鶏肉にまんべんなく塩、こしょうをふりかける。
3. 小麦粉をたっぷりとふりかけ、油をひいたシチューパンで皮面から焼く。

~下ごしらえ(野菜)~
1. エリンギは、縦に4等分に切り、斜めに切る。
2. 舞茸は、食べやすいサイズにほぐす。
3. シメジは、石づきを切り落とし、食べやすいサイズにほぐす。
4. 長ネギは、厚さ5mmぐらいの斜め薄切りにする。
5. 生姜は、針生姜にする。または粗めの、みじんぎり。

~仕上げ~
1. 肉が焼きあがれば、針生姜を加え、香りが出てきたらキノコ類、長ネギ、だし汁を加え煮込む。
2. キノコ、長ネギに火が入ったら、カレールーを加え煮込み、仕上げに濃口醤油を加える。

今回のポイント
☆水の代わりにだし汁を使うことで和風の味付けになります。(家庭であれば味噌汁に使う顆粒だしでOK!)
☆カレールーを少な目にしているので、鶏肉焼く時の小麦粉は、多めが良いです。
☆だし汁をレシピよりも多めにして、「カレーうどん」や「カレーきしめん」としても美味しく召し上がって頂けます。111.png

最後に
写真は、型で抜いて素揚げした人参とサツマイモを散らしました。
ちょっとしたものが飾りであるだけでも季節を感じる事ができます。
今の時期ならハロウィンでも良いですね165.png

昼間は、温かくても朝晩が寒い日も増えてきましたので、
生姜などの身体の内面から温める食材を食べて、食欲の秋を楽しみましょう169.png


栄養士:髙野 晃市

[PR]
# by nsc-n2 | 2018-10-19 15:02

魔女のマリネサラダ

こんにちは101.png
色んな所でハロウィンのイベントが開催され、
ハロウィンも日本ではメジャーなイベントになりましたね177.png

13日()のオープンキャンパスでは、
ハロウィンパーティーがテーマの調理実習を行いました156.png
その中の一品をご紹介させて頂きます。

【魔女のマリネサラダ】
c0173014_17160764.jpg














< 材 料 >6人分
   紫キャベツ・・・・・・・・300g
   塩・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
   |白ワインビネガー・・・・大さじ1・1/2
   |レモン汁・・・・・・・・大さじ1/2
   |EXVオリーブオイル・・・大さじ1・1/2
  A|はちみつ・・・・・・・・小さじ1
   |塩・・・・・・・・・・・少々
   |黒こしょう・・・・・・・少々
   くるみ(ローストしたもの)・15g
   スライスチーズ・・・・・・2枚
   リーフレタス・・・・・・・40g

< 作り方 >
  ① 紫キャベツは千切りして袋に入れ、塩をもみ込んでおく。
  ② くるみは荒く刻んでおき、スライスチーズは型で抜いておく。
  ③ Aの材料をボウルに混ぜ合わせ、絞った①とくるみを入れて混ぜ合わせておく。
    このまま15分おいておく。
  ④ 味見をして、塩・黒こしょうで味を整える。
  ⑤ 器にちぎったリーフレタスをしき、④をのせ、上にスライスチーズを飾る。
    ※型抜き後の余ったチーズは細かくちぎって和えても美味しいです★


紫キャベツの色素である、アントシアニン酸性(お酢など)に反応すると、
ピンク色に変わります151.png
その点にも注目して作ってみて下さいね113.png

ハッピーハロウィン102.png169.png

by.hika

[PR]
# by nsc-n2 | 2018-10-15 17:22 | レシピ

じゃじゃ麺の肉みそ

こんにちは!

今回は先日行われましたオープンキャンパスより
「じゃじゃ麺の肉みそ」のレシピをご紹介します。
c0173014_09452839.jpg

材料(6人分)
 ・豚ひき肉・・・・・・100g
 ・玉ねぎ・・・・・・・360g
 ・にんにく・・・・・・1片
 ・しょうが・・・・・・30g
 ・干ししいたけ・・・・10g
 ・ごま油・・・・・・・12g
  ・みそ・・・・・・・170g
  ・コチュジャン・・・30g
 A・砂糖・・・・・・・9g
  ・しょうゆ・・・・・10g
  ・酢・・・・・・・・45g
 ・きゅうり・・・・・・1本
 ・もやし・・・・・・・200g
 ・温泉卵・・・・・・・6個

作り方
1.干ししいたけを水で戻しておく。
2.玉ねぎ、にんにく、しょうがをみじん切りにする。
3.水で戻した干ししいたけを粗いみじん切りにする。
4.調味料A(味噌から酢まで)を混ぜておく。
5.フライパンにごま油を熱し、玉ねぎ、にんにく、しょうがを炒める。
6.ひき肉を加えて炒める。
7.調味料Aを加えて、軽く煮る。
8.きゅうりをせん切りにする。もやしは茹でておく。
9.器に、麺(中華麺やうどん)、きゅうり、もやし、肉みそを盛り、温泉卵を割る。

Aの調味料に余り水分がないので、水を少し加えると、煮やすいと思います。
しいたけの戻し汁を加えるのもいいですよ113.png


ぜひ作ってみてください111.png

栄養士:佐々木千尋



[PR]
# by nsc-n2 | 2018-09-28 09:45
こんにちは101.png

先日行われました、「簡単!手軽に本格タイ料理」から
一つ料理をご紹介致します♪
ご自宅でも簡単に作れるレシピですので、
ぜひタイ旅行気分を味わってみて下さい110.png

【パット・パックチョイ~青梗菜のにんにく炒め~】
c0173014_10323156.jpg














< 材 料 >
 青梗菜        --- 400g
 にんにく       --- 1片
 油          --- 大さじ2
 プリッキーヌ     --- 2本
 │水         --- 50ml
調│タオチオ      --- 大さじ2
味│オイスターソース  --- 大さじ1
料│顆粒ガラスープ   --- 小さじ1

< 作り方 >
① 青梗菜は食べやすく切り、軸と葉を分ける。
  にんにくはみじん切りにする。
  プリッキーヌは種ごと斜め切りにする。
  調味料は全て混ぜ合わせておく。
② 炒め鍋に油を加え、にんにくを入れて火にかける。
  香りが出たら、青梗菜の軸とプリッキーヌを入れて炒め、
  しんなりしたら葉を加えて手早く炒める。
③ 調味料を加えて仕上げる。

※プリッキーヌ:とうがらしの一種。
 タオチオ:大豆を原料とした塩分の強い調味料。「タイの味噌」と呼ばれる。

< 食材が手に入らない?!そんな時は… >
 プリッキーヌ → 日本のとうがらし
 タオチオ → ナンプラーとオイスターソース
 この食材で代用できます177.png

少し濃いめの味付けで、ジャスミンライスとも相性ばっちり164.png
プリッキーヌはお好みで加減してくださいね101.png
材料は青菜でしたら、なんでもOKですよ!


管理栄養士 谷澤 登志美
[PR]
# by nsc-n2 | 2018-08-30 10:48 | レシピ

オクラのスープ

こんにちは101.png

今回のレシピは暑い日にも食べられる、
夏バテ防止スープをご紹介いたします174.png

オクラのスープ
c0173014_09145138.png












< 材 料 >
  オクラ        --- 25本
  |だし汁        --- 450cc
 A|薄口しょうゆ     --- 大さじ1と1/2
  |塩          --- ひとつまみ強
  |みりん        --- 大さじ1
  山芋         --- 220g
  梅干しのたたいたもの --- 大さじ1
  板ずり用と茹で用の塩

< 作り方 >
 ① オクラは洗い、ヘタの処理をし、板ずりをして塩少々を入れた熱湯でゆでる。
   ゆで上がったら冷水にとり、水分を切り、半分に切っておく。
 ② ①のオクラとAの調味料をミキサーにかける。
 ③ 山芋はヒゲ根を焼き、すりおろしてとろろ状にする。(ミキサーにかけてもよい)
 ④ スープ皿に②のオクラスープを注ぎ、③の山芋をのせ、真ん中にたたいた梅干しを飾る。

オクラは疲労回復、夏バテ防止によい食材です169.png
山芋には疲労回復、胃腸の調子を整え、老化防止効果があります!
ぜひこのスープで暑い夏を乗り切って下さいね166.png177.png

管理栄養士 大島 知美

[PR]
# by nsc-n2 | 2018-08-06 09:24 | レシピ

こんにちは102.png

暑い日が続いていますね119.png

こんな日は、簡単な手作りアイスに挑戦してみてはいかがでしょうか?


今回紹介するのは、簡単に作れるイタリアのドルチェ、セミフレッドです113.png

「セミフレッド」はイタリア語で、“セミ=半分”と“フレッド=冷たい”という意味。

アイスクリームの“冷たさ”と、ケーキのような“食感”、両方をいいとこどりした贅沢なスイーツです181.png


c0173014_15503919.jpg


材料(8人分)

ラズベリー     90

砂糖        30

レモン汁      小さじ1/2

クリームチーズ   150

ヨーグルト     150

生クリーム     90

はちみつ      大さじ2

グラニュー糖    20

キルシュ      小さじ1


作り方

1、ラズベリーと砂糖、レモン汁を鍋で煮つめる。

2、生クリームにはちみつ、グラニュー糖を加え、6分立てにする。

3、クリームチーズとヨーグルト、キルシュを合わせ、さらに1をこしながら加える。

4、3に2を加え、混ぜ合わせる。合わさったら、これを型に入れ、冷凍する。

5、凍ったら型から取り出し、1人分に切り、器に盛り付ける。

お好みで、フルーツやクッキーを飾り付けると豪華なデザートに♪


キルシュが無い時や、お子様向けに作るときは、リキュールなしでOK182.png

また、キルシュをホワイトラムやオレンジキュラソーなどのリキュールに変えても、風味が変わって美味しくいただけます111.png


ぜひ試してみてください169.png


栄養士:鈴木 彩加


[PR]
# by nsc-n2 | 2018-07-24 15:53 | レシピ

冷製パンプキンスープ

こんにちは。

梅雨に入って雨176.pngだったり、夏のように晴れた日174.pngだったり体調管理に気をつけなければならない季節になりました。
そしてこれから暑い夏がやってきますね。
食欲も落ちてきたときにおススメのレシピをご紹介したいと思います。169.png

~冷製パンプキンスープ~
c0173014_13365164.jpg

<6人分材料>
  • かぼちゃ      300g(皮と種抜いた重量)
  • コンソメキューブ  1個
  • 塩         小さじ1/2
  • 牛乳        600ml
  • 砂糖        必要に応じて
  • パセリ粉      少々

作り方
  1. かぼちゃは、種と皮を取り、5mmぐらいの厚さにカットする。
  2. かぼちゃが軟らかくなったらザルにあげる。
  3. かぼちゃが熱いうちに裏ごしする。
  4. 裏ごししたかぼちゃを鍋に入れ、少しずつ牛乳を加え溶きのばし、コンソメを入れて加熱する。
  5. 塩を加え、味を整える。(味見をして、甘味が足らなければ、砂糖を加え調節する)
  6. 冷蔵庫でしっかりと冷やす。
  7. 器に盛り付け、パセリ粉をふる。

かぼちゃを買うと、たまに甘くないものがありますよね…145.png
その時は、作り方の「5」に書きましたが味見をしながら砂糖を加えて下さい。


家で作る場合は、ザルにあげて、そのまま茹でていた鍋に裏ごしていけば洗い物も少なくて済みますよ。165.png

もしコンソメを切らしていたら塩をレシピより少し多めに加えてください。
かぼちゃの甘さを楽しむことができます。
また、生クリームを最後の仕上げに加えるとクリーミーになり、オススメです!111.png

お家で料理をするもの、雨の日の楽しみ方の一つですよ110.png


栄養士:髙野 晃市


[PR]
# by nsc-n2 | 2018-06-18 10:50 | レシピ

沖縄そば

こんにちは!

近頃暑い日が続いていますね105.png

本日は、そんな熱い日にピッタリな沖縄そばをご紹介します111.png


これは、5月26日(土)に実施されたオープンキャンパスで

参加者さんと一緒に作った一品です110.png


【沖縄そば】

c0173014_10251951.jpg


< 材 料(6人分) >


煮豚

 ☆スペアリブ         --- 900g

 ☆水             --- 2ℓ

 ☆ねぎ            --- 1本

 ☆しょうが          --- 20g

 ☆酒             --- 50㏄


 豚出汁(☆の食材を煮込んで出来た出汁)  --- 300㏄

 しょうゆ           --- 大さじ4

 みりん            --- 大さじ2

 砂糖             --- 大さじ1


スープ

 豚出汁(☆の食材を煮込んで出来た出汁)  --- 1ℓ

 お湯             --- 1ℓ

 だしパック          --- 適量

 薄口しょうゆ         --- 大さじ1

 酒              --- 大さじ1

 塩              --- 小さじ2程度(味見して調節する)


麺、具

 沖縄そば           --- 6玉

 揚げはんぺん         --- 3枚

 しなちく           --- 30g

 小ねぎ            --- 2本

 紅しょうが          --- 20g


< 作り方 >


豚出汁、煮豚のつくり方

スペアリブは洗っておく。鍋にスペアリブを入れ、水とねぎ、しょうがを入れて沸騰させる。沸騰したら酒を加え、火を弱め、蓋をして1時間程度煮込む。

別の鍋にスペアリブを移し、豚出汁、しょうゆ、みりん、砂糖を加えて、30分程度煮込む。


スープのつくり方

豚出汁にお湯を足し、だしパック(または鰹節)を入れ、濃いめに出汁をとる。

薄口しょうゆ、酒、塩で味を調える。


具の仕込み

揚げはんぺんは油抜きし、斜めに削ぎ切りにする。小ねぎは小口切りにする。


仕上げ

たっぷりのお湯を沸かし、麺をゆでる。ゆで上がったら、ぬるま湯等でさっとぬめりを取り、ほぐす。

器に麺を入れ、スープを注ぎ、煮豚とその他の具を盛り付け完成。

(器をお湯で温めておくとよい。)



豚肉に含まれるビタミンB1が、麺に含まれる炭水化物(糖質)の代謝を促してくれる、これからの暑い夏に食べたい一品です109.png



栄養士 鈴木 彩加



[PR]
# by nsc-n2 | 2018-05-28 10:38 | レシピ

春野菜のポトフ

こんにちは!
ぽかぽか陽気から急に暑くなりましたね119.png

先日、本年度最初のオープンキャンパスが開催されました!
今回は、22日()の1品をご紹介いたします110.png

【春野菜のポトフ】
c0173014_16304045.jpg















< 材 料 >
 春キャベツ      --- 1/2玉
 新たまねぎ      --- 2個
 パスタ        --- 適量
 にんじん       --- 1本
 新じゃがいも(小玉)  --- 6個
 ウインナー      --- 12本
 水          --- 約900ml
 固形コンソメ     --- 1.5個
 白ワイン       --- 大さじ1
 ローリエ       --- 1枚
 塩          --- 小さじ1/3
 こしょう       --- 適量

< 作り方 >
 ① 春キャベツは6等分にくし切りにし、バラバラにならないように折ったパスタを刺す。
   新たまねぎは1個を6等分にし、同様にパスタを刺す。
   にんじんは横3等分にし、さらに縦に同じ大きさになるように切る。
   新じゃがいもは皮つきのまま綺麗に洗う。ウインナーは斜めに切り込みを入れる。
 ② 鍋にたまねぎ、にんじん、新じゃがいも、キャベツの順に隙間が無いようにつめる。
   最後にウインナーをのせる。
 ③ 固形コンソメ、白ワイン、ローリエを入れて水をそそぐ。
 ④ 蓋をして中火にかけ、沸騰してきたら火を弱めてアクが出てきたら丁寧に取り除く。
 ⑤ 新じゃがいもが柔らかくなったら、塩・こしょうで味を整える。

この1品で野菜がたっぷり食べられます113.png
スープにも春野菜の旨味が溶けこんでいますので、ぜひスープも残さず飲んで下さい☆

栄養士 平田 夏菜

[PR]
# by nsc-n2 | 2018-04-26 16:53

旬の食材を使ったレシピを紹介します。


by nsc-n2