冷製パンプキンスープ

こんにちは。

梅雨に入って雨176.pngだったり、夏のように晴れた日174.pngだったり体調管理に気をつけなければならない季節になりました。
そしてこれから暑い夏がやってきますね。
食欲も落ちてきたときにおススメのレシピをご紹介したいと思います。169.png

~冷製パンプキンスープ~
c0173014_13365164.jpg

<6人分材料>
  • かぼちゃ      300g(皮と種抜いた重量)
  • コンソメキューブ  1個
  • 塩         小さじ1/2
  • 牛乳        600ml
  • 砂糖        必要に応じて
  • パセリ粉      少々

作り方
  1. かぼちゃは、種と皮を取り、5mmぐらいの厚さにカットする。
  2. かぼちゃが軟らかくなったらザルにあげる。
  3. かぼちゃが熱いうちに裏ごしする。
  4. 裏ごししたかぼちゃを鍋に入れ、少しずつ牛乳を加え溶きのばし、コンソメを入れて加熱する。
  5. 塩を加え、味を整える。(味見をして、甘味が足らなければ、砂糖を加え調節する)
  6. 冷蔵庫でしっかりと冷やす。
  7. 器に盛り付け、パセリ粉をふる。

かぼちゃを買うと、たまに甘くないものがありますよね…145.png
その時は、作り方の「5」に書きましたが味見をしながら砂糖を加えて下さい。


家で作る場合は、ザルにあげて、そのまま茹でていた鍋に裏ごしていけば洗い物も少なくて済みますよ。165.png

もしコンソメを切らしていたら塩をレシピより少し多めに加えてください。
かぼちゃの甘さを楽しむことができます。
また、生クリームを最後の仕上げに加えるとクリーミーになり、オススメです!111.png

お家で料理をするもの、雨の日の楽しみ方の一つですよ110.png


栄養士:髙野 晃市


[PR]
# by nsc-n2 | 2018-06-18 10:50 | レシピ

沖縄そば

こんにちは!

近頃暑い日が続いていますね105.png

本日は、そんな熱い日にピッタリな沖縄そばをご紹介します111.png


これは、5月26日(土)に実施されたオープンキャンパスで

参加者さんと一緒に作った一品です110.png


【沖縄そば】

c0173014_10251951.jpg


< 材 料(6人分) >


煮豚

 ☆スペアリブ         --- 900g

 ☆水             --- 2ℓ

 ☆ねぎ            --- 1本

 ☆しょうが          --- 20g

 ☆酒             --- 50㏄


 豚出汁(☆の食材を煮込んで出来た出汁)  --- 300㏄

 しょうゆ           --- 大さじ4

 みりん            --- 大さじ2

 砂糖             --- 大さじ1


スープ

 豚出汁(☆の食材を煮込んで出来た出汁)  --- 1ℓ

 お湯             --- 1ℓ

 だしパック          --- 適量

 薄口しょうゆ         --- 大さじ1

 酒              --- 大さじ1

 塩              --- 小さじ2程度(味見して調節する)


麺、具

 沖縄そば           --- 6玉

 揚げはんぺん         --- 3枚

 しなちく           --- 30g

 小ねぎ            --- 2本

 紅しょうが          --- 20g


< 作り方 >


豚出汁、煮豚のつくり方

スペアリブは洗っておく。鍋にスペアリブを入れ、水とねぎ、しょうがを入れて沸騰させる。沸騰したら酒を加え、火を弱め、蓋をして1時間程度煮込む。

別の鍋にスペアリブを移し、豚出汁、しょうゆ、みりん、砂糖を加えて、30分程度煮込む。


スープのつくり方

豚出汁にお湯を足し、だしパック(または鰹節)を入れ、濃いめに出汁をとる。

薄口しょうゆ、酒、塩で味を調える。


具の仕込み

揚げはんぺんは油抜きし、斜めに削ぎ切りにする。小ねぎは小口切りにする。


仕上げ

たっぷりのお湯を沸かし、麺をゆでる。ゆで上がったら、ぬるま湯等でさっとぬめりを取り、ほぐす。

器に麺を入れ、スープを注ぎ、煮豚とその他の具を盛り付け完成。

(器をお湯で温めておくとよい。)



豚肉に含まれるビタミンB1が、麺に含まれる炭水化物(糖質)の代謝を促してくれる、これからの暑い夏に食べたい一品です109.png



栄養士 鈴木 彩加



[PR]
# by nsc-n2 | 2018-05-28 10:38 | レシピ

春野菜のポトフ

こんにちは!
ぽかぽか陽気から急に暑くなりましたね119.png

先日、本年度最初のオープンキャンパスが開催されました!
今回は、22日()の1品をご紹介いたします110.png

【春野菜のポトフ】
c0173014_16304045.jpg















< 材 料 >
 春キャベツ      --- 1/2玉
 新たまねぎ      --- 2個
 パスタ        --- 適量
 にんじん       --- 1本
 新じゃがいも(小玉)  --- 6個
 ウインナー      --- 12本
 水          --- 約900ml
 固形コンソメ     --- 1.5個
 白ワイン       --- 大さじ1
 ローリエ       --- 1枚
 塩          --- 小さじ1/3
 こしょう       --- 適量

< 作り方 >
 ① 春キャベツは6等分にくし切りにし、バラバラにならないように折ったパスタを刺す。
   新たまねぎは1個を6等分にし、同様にパスタを刺す。
   にんじんは横3等分にし、さらに縦に同じ大きさになるように切る。
   新じゃがいもは皮つきのまま綺麗に洗う。ウインナーは斜めに切り込みを入れる。
 ② 鍋にたまねぎ、にんじん、新じゃがいも、キャベツの順に隙間が無いようにつめる。
   最後にウインナーをのせる。
 ③ 固形コンソメ、白ワイン、ローリエを入れて水をそそぐ。
 ④ 蓋をして中火にかけ、沸騰してきたら火を弱めてアクが出てきたら丁寧に取り除く。
 ⑤ 新じゃがいもが柔らかくなったら、塩・こしょうで味を整える。

この1品で野菜がたっぷり食べられます113.png
スープにも春野菜の旨味が溶けこんでいますので、ぜひスープも残さず飲んで下さい☆

栄養士 平田 夏菜

[PR]
# by nsc-n2 | 2018-04-26 16:53

ラザニア

こんにちは102.png177.png
まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
体調管理には気を付けたい毎日です176.png

さて、今回はラザニアのレシピをご紹介いたします!

c0173014_17083983.jpg

※今回は、グラタン皿6人分で作る場合のレシピとなります。

〈 材料 〉

ラザニア     -----  9枚
溶けるチーズ   -----  100g
パセリ      -----  少々

●ホワイトソース
たまねぎ     -----  1/2個
バター      -----  30g
薄力粉      -----  30g
牛乳       -----  450ml
コンソメ     -----  1/2個
塩        -----  少々
胡椒       -----  少々

●ミートソース
たまねぎ     -----  1個(200g程度)
にんにく     -----  1かけ
オリーブ油    -----  大さじ1
合挽き肉     -----  250g
ホールトマト缶  -----  1・1/2缶
ケチャップ    -----  50g
塩        -----  小さじ1/3
胡椒       -----  少々
ナツメグ     -----  少々
醤油       -----  大さじ1・1/2


〈 作り方 〉

① ホワイトソースを作る。たまねぎをみじん切りにする。
  鍋にバターを入れ、加熱して焦げないように溶かし、たまねぎを炒める。
  透明になってきたら薄力粉を入れ、さらに炒める。
  薄力粉の粉気が無くなってきたら、牛乳を少しずつ加える。
 (焦げないように弱火~中弱火で!)
  牛乳を全て入れたらコンソメ・塩・胡椒で味を調える。
② ミートソースを作る。たまねぎ、にんにくはみじん切りにする。
  鍋にオリーブ油を熱し、たまねぎとにんにくを炒め、香りが出てきたら、
  合挽き肉を加えてほぐしながら炒める。塩、胡椒、ナツメグで調味する。
  ホールトマトを加え、潰しながら煮る。水分がなくなってきたら
  醤油とケチャップを加え、火を止める。
③ パセリはみじん切りにしておく。
④ ラザニアは塩を入れた湯(分量外・湯の0.5%濃度)で規定の時間ゆで、
  皿やまな板にラップを敷いて、重ならないように広げて少し粗熱をとる。
  必要があれば、器の大きさに合わせて切る。
⑤ オーブンを200℃に予熱する。
⑥ 器の底にミートソースを薄く塗り、ラザニア、ホワイトソース、
  ミートソースの順に2~3重に重ねていく。
 最後の層はラザニアの上にミートソースを塗り、溶けるチーズをのせる。
⑦ オーブンに入れ、200℃で8分焼く。
⑧ 焼けたらパセリを散らす。


オーブンの温度・焼き時間は、ご家庭の機種ごとに異なりますので、様子を見ながら調節をしてくださいね。
ホワイトソースやミートソースは、作る時間がなければ市販の物でも美味しく頂けます111.png
寒い季節にピッタリなお料理ですので、是非作ってみてください!


栄養士:森島沙織

[PR]
# by nsc-n2 | 2018-02-13 17:19

冬の擬製豆腐

こんにちは101.png
連日の雪で、寒い日が続いていますね…!

そんな寒い中行われました、
先日のオープンキャンパスのレシピを一品ご紹介いたします177.png

【冬の擬製豆腐】
c0173014_10245905.png















< 材 料 > バット1つ分位
木綿豆腐   ----- 600gを水切りして400gにする
干ししいたけ ----- 2枚(戻す、戻し汁は捨てない!)
いんげん   ----- 4本
にんじん   ----- 40g
ごぼう    ----- 30g
サラダ油   ----- 小さじ2
だし     ----- 100ml
砂糖     ----- 大さじ1、1/2
みりん    ----- 大さじ1
しょうゆ   ----- 小さじ2
塩      ----- 小さじ1/2
卵      ----- 3個

< 作り方 >
① 木綿豆腐は1分ほど茹でて、ふきんに包んで400gになるまで絞る。
  (重しをして水切りして頂いても構いません。)
② 干ししいたけは2等分にして細切り、いんげんは斜め薄切り、
  にんじんは千切り、ごぼうは短めのささがきにする。
③ 大きめのフライパンに油をしき、にんじんとごぼうを炒め、
  少ししんなりしたら、干ししいたけと①の豆腐を手で崩しながら入れて炒める。
④ 軽く火が通ったら、干ししいたけの戻し汁(大さじ1位)とだし汁、調味料を加え、
  底に少し水気が残る位まで豆腐を崩しながら煮る。
   ※豆腐は細かくなるように崩しておくと仕上がりが綺麗です☆
⑤ 最後にいんげんを加えてさっと火を通す。
⑥ かき混ぜて粗熱をとってから、溶きほぐした卵を混ぜ、
  オーブンシートを敷いたバットに流しいれる。200℃のオーブンで約15分焼く。
⑦ 少し冷めたら切り分けて盛り付ける。


擬製豆腐とは、豆腐を使った精進料理の一つです110.png
名前の由来は、一度崩した豆腐をまた元の形に似せて作るところから
【擬製】と呼ばれたり、【義性】という僧侶が考えた事等、色々あるそうです…。

ご自宅にオーブンが無くても、卵焼き器でも焼けます♪
具材は、他にもねぎやきくらげ、鶏ひき肉などもお勧めです。
冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもどうぞ!

栄養士 平田 夏菜

[PR]
# by nsc-n2 | 2018-01-26 11:08 | レシピ

鶏肉のシードル煮風

こんにちは。
クリスマスも近いので、今回は、クリスマスディナーにも使えるようなレシピをご紹介したいと思います169.png169.png
c0173014_17572995.jpg
~材料(6人分)~
鶏手羽元      18本
塩         少々
白こしょう     少々
小麦粉       小さじ2/3
バター       20g
アップルタイザー  750ml
顆粒コンソメ    小さじ2
リンゴ       1個

~作り方~
1.手羽元に塩をまんべんなく振りかけ揉みこむ。
2.リンゴをくし切り8等分に切り、次に横に2等分に切る。    
3.手羽元に小麦粉をまぶし、バターを熱したフライパンで軽く焼き目が付くまで焼く。
4.Aを加え、中火ぐらいで煮込む。
    (アップルタイザーが一気に泡立つので注意して下さい!)
5.液量が2/3ぐらいになったら、鶏肉を裏返し、リンゴを加えさらに煮込む。
6.リンゴがコンポートのようになったら皿に盛り付ける。

※今回は、付け合せにブロッコリーとカリフラワー、星形に切り抜いた人参を添えました。


シードルというのは、リンゴで作ったスパークリングワインのようなものです。
今回は、子どもでも食べれるようにリンゴ果汁100%で作った炭酸飲料のアップルタイザーで作りました。

鶏肉とリンゴは、とても相性が良いのです。104.png165.png
リンゴの酸味が鶏肉をさっぱりと食べさせてくれるので、いくつでも食べられます。
この時期に作るなら、リンゴの皮は剥かずに調理してほしいです。
アップルタイザーの酸でリンゴの皮がキレイな赤色なります。

今回は、シンプルに鶏肉とリンゴだけで行いましたが、
ジャガイモやマッシュルームのきのこ類と一緒に煮込んでも美味しいですし、
最後に生クリームを加えてクリーミーに仕上げても美味しいです。
自分の好みの組み合わせを是非見つけて下さい177.png

栄養士:髙野晃市


[PR]
# by nsc-n2 | 2017-12-20 18:06 | レシピ
こんにちは!
暑さも和らぎ、秋の訪れを感じる毎日ですね110.png
さて、今回はこの季節に美味しい、きのこを使ったレシピをご紹介いたします。


蟹ときのこのトマトクリームニョッキ」

c0173014_15371036.jpg

●ニョッキ生地 6人分

〈 材料 〉

じゃがいも    -----  450g
薄力粉      -----  150g
強力粉      -----  75g
卵黄       -----  1個
パルメザンチーズ -----  大さじ1・1/3
塩        -----  ひとつまみ

薄力粉(打ち粉用)
塩(ゆで汁用)

〈 作り方 〉

① じゃがいもをよく洗い、串がスッと刺さるかたさになるまで蒸す。
② 蒸したじゃがいもの皮をむいて、熱いうちにマッシャーでつぶし、粗熱をとる。
③ 小麦粉、卵黄、パルメザンチーズ、塩を、②と合わせ、粉っぽさがなくなるまでこねる。
④ まな板やのし台に打ち粉をして、12等分に切り分ける。
⑤ それぞれを指くらいの太さの棒状に伸ばし、1.5cmくらいの長さに切る。
⑥ 小さく切った生地に打ち粉をまぶし、フォークの裏を使ってひとつずつ模様を付ける。
⑦ 鍋にたっぷりの湯を沸かし、湯の量に対し約3%分量の塩を入れる。
⑧ 沸騰した湯の中にニョッキを入れて、浮き上がってくるまでゆでる。(目安時間1~2分)
⑨ ゆであがったら、穴じゃくしですくい取る。


●トマトクリームソース 6人分

〈 材料 〉

蟹ほぐし身    -----  300g
しめじ      -----  1パック(100g)
たまねぎ     -----  1/2個
にんにく     -----  1かけ
オリーブ油    -----  大さじ3
ホールトマト缶  -----  600g
生クリーム    -----  200cc
パルメザンチーズ -----  20g
塩        -----  適量
黒胡椒      -----  適量イタリアンパセリ

〈 作り方 〉

① にんにくをみじん切り、たまねぎを粗みじんにする。しめじは石づきを取り、ほぐす。
② ホールトマト缶はフォークや手などでつぶし、ヘタのかたい部分は取り除く。
③ フライパンにオリーブ油を熱し、にんにくとたまねぎを炒める。
④ にんにくとたまねぎの香りが出てきたら、しめじを加え、さらに炒める。
⑤ トマト缶を加え、もったりしてくるまで5分ほど煮る。
⑥ 蟹のほぐし身を汁ごと入れて、1分ほど煮込む。
⑦ 弱火にして生クリームを加え、ひと煮立ちしたらパルメザンチーズを入れて火をとめる。
⑧ 茹で上げたニョッキを入れてからめ、塩と胡椒で味をととのえる。
⑨ 皿に盛り付けて、刻んだイタリアンパセリをのせる。


お時間に余裕がある時には手作りニョッキが美味しいですが、
市販の冷凍品でも美味しく頂けます111.png162.png
じゃがいもの代わりにかぼちゃやさつまいもでも作ることができます。
ソースの蟹は海老など、しめじはマッシュルームなどに差し替えても大丈夫ですよ!

ぜひ作ってみてくださいね177.png


栄養士:森島沙織

[PR]
# by nsc-n2 | 2017-09-22 16:00 | レシピ
こんにちは。
もうすぐ9月ですがまだまだ暑い日が続きますね。

今回は鶏のバジル炒めをご紹介します。
c0173014_08574309.jpg
     ごはん  炒め   バジル  鶏
タイ語ではガオ・パッド・ガパオ・ガイと言います♪

〈材料 6人分〉
・鶏もも肉(皮なし)  600g………1cm角に切ってたたいておく
A・赤パプリカ     1/4個………A(赤パプリカ、ピーマン、玉ねぎ)は
・ピーマン      2個    合わせて300gくらいにする。1.5cm角に切る
・玉ねぎ       1/2個
・油(炒め用)     大さじ2
B・にんにく      1片…………B(にんにく、パクチーの根、プリッキーヌ)
・パクチーの根    1本    をクロックでつぶす。クロックとは石臼。
・プリッキーヌ    1本    なければフードプロセッサーで。
C・ナンプラー     大さじ2……Cの調味料(ナンプラー、オイスターソース、
・オイスターソース  大さじ2  シーユーダム、砂糖、水)をすべて合わせる。
・シーユーダム    小さじ2 
・砂糖        大さじ1
・水         50ml
・バジル       2枝…………葉のみにする
・卵 6個
・油(卵を揚げる用)   適量
・きゅうり       1本…………斜め薄切りにする
・ジャスミンライス   適量(1人150g~200g)

<作り方>
①フライパンに炒め用の油とBを入れ火にかける。香りが出たら、鶏肉を加え色が変わったらAの野菜を加え軽く炒めCを加えて調味する。
最後にバジルを加え火を止める。
②目玉焼きを作る:熱した多めの油の中に割った卵をそっと流す。油をかけながら揚げ焼きにする。半熟になったら油から引き上げる。
③ご飯に、バジル炒めと目玉焼き、薄切りのきゅうりをそえていただく。

タイの料理屋さんで、人気の鶏のバジル炒めをのせたご飯。一緒にいただく目玉焼き(タイではカイ・ダーオ 星卵)が辛さを和らげてくれます。
鶏肉は面倒でもたたいた方が絶対、絶対美味しくいただけます。ひき肉でも出来ますけど…。たたいた方が美味しいです。
バジルはタイではガパオ(ホーリーバジル)を使います。日本では手に入りにくいのでスイートバジルでも構いません。

是非作ってみてください。

管理栄養士 谷澤登志美


[PR]
# by nsc-n2 | 2017-08-31 09:01 | レシピ
こんにちは!
梅雨に入って、昼間は湿度が高くて暑いときがあるかと思えば、
雨が降って涼しいときもあり体調を崩しやすい季節ですが、
皆様、体調を崩していませんか?

暑いと食欲も減退してきます。

今回は、暑いときにオススメのデザートのご紹介です。

「ミルク&ネクターゼリー ~桃のコンポート添え~」
c0173014_18080445.jpg

材料<作りやすい分量(約10人分)>

・ピーチネクター   450㎖
・生クリーム     200㎖
・グレナデンシロップ 大さじ1
・水         100㎖
・ゼラチン      15g


・白桃        2個
・レモン汁      大さじ3
・砂糖        100g
・白ワイン      50㎖
・水         200㎖


~ミルク&ピーチゼリー~ の作り方

①水にゼラチンを振り入れふやかしておく。
②ピーチネクター、生クリーム、グレナデンシロップを鍋に入れ加熱する。
 (加熱中、分離しないようによく混ぜる)
③沸騰直前で火を止め、ふやかしたゼラチンを②に入れしっかりと溶かす。
 ボウルに移し、氷水で少しとろみが出るまで冷やす。
④器に盛り付け冷蔵庫で冷やす。


~桃のコンポート~ の作り方

①桃に軽く十字の切り込みを入れ、沸騰したお湯に入れ、すぐに冷水に取り、皮を剥く。
②たてに一周切り込みを入れる。
 優しくねじり、種から外す。
③半分の残った種は、スプーンで優しく取り出し、くし切りにしてレモン汁に浸けておく。
④鍋に白ワインを入れ沸騰させ、アルコールをとばす。
⑤次に砂糖、水を加え再度沸騰させる。沸騰したら、くし切りにした桃をレモン汁ごと加え、5分煮る。
⑥粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。
⑦固まったゼリーの上に、桃のコンポートを盛り付け、コンポートのシロップをかけてお召し上がり下さい。


これからの時期、旬になってくる桃を使った一品です。
ブログを載せた時期(6月下旬)は、桃の旬としては「はしり」の時期になります。
はしりの時期の桃は、ちょっと渋みがあるものもあります。
そんな時は、今回のようにコンポートにすると、おいしく召し上がれますので、挑戦してみてください。

また、ゼリーの「生クリーム」を「炭酸水」に替え作ると、サッパリとした出来上がりになります。

栄養士:髙野晃市


[PR]
# by nsc-n2 | 2017-06-26 18:18 | レシピ

えびときのこの一口揚げ

こんにちは!
日を追うごとに暑さが増し、日脚も伸びて夏の足音が聞こえてきますね。
季節の変わり目ですので、体調の管理には気を付けましょう。

さて、今回は「えびときのこの一口揚げ」をご紹介いたします。

c0173014_1821716.png


〈 材料 〉 6人分

えび       -----  18尾
しめじ      -----  1パック
さつまいも    -----  150g
みつば      -----  1/3束
薄力粉      -----  大さじ2

 | 卵        -----  小1個
A| 水        -----  120ml
 | 薄力粉      -----  75g

揚げ油

 | みりん      -----  40ml  
B| 濃口醤油     -----  20ml
 | 薄口醤油     -----  20ml
 | だし       -----  200ml

天紙


〈 作り方 〉

① えびは殻をとり、背わたをとって洗い、1cm程度に切る。
② しめじは石づきを取り、半分の長さに切ってばらしておく。
③ さつまいもはきれいに洗い、皮付きのまま1cmくらいの角切りにし、水にさらす。
④ みつばは2cm程度の長さに切る。
⑤ ①~④の具材をボウルにあわせ、薄力粉をいれて軽く混ぜる。
⑥ Aの卵と水を合わせ、薄力粉を入れてさっくり混ぜて衣を作る。
⑦ ⑤を⑥の衣に入れ、さっくりと混ぜ合わせる。
⑧ 12等分(1人2個あて)にして、180℃の揚げ油で揚げる。
⑨ Bを合わせて火にかけ、天つゆを作る。
⑩皿に天紙を乗せ、かき揚げを盛り付けて天つゆを添えれば完成。

具材は、夏は枝豆を入たり、甘味のあるたまねぎを入れたり、
季節ごとの旬の食材や好みのものに変えても美味しく揚がりますよ!

かき揚げが難しい場合は、種をしゃもじにのせて油に入れたり、
小さく切ったオーブンシートにのせてそのまま揚げると
綺麗にできます。

是非チャレンジしてみてくださいね!


栄養士 森島沙織
[PR]
# by nsc-n2 | 2017-05-19 18:28 | レシピ

旬の食材を使ったレシピを紹介します。


by nsc-n2