こんにちは!
暑さも和らぎ、秋の訪れを感じる毎日ですね110.png
さて、今回はこの季節に美味しい、きのこを使ったレシピをご紹介いたします。


蟹ときのこのトマトクリームニョッキ」

c0173014_15371036.jpg

●ニョッキ生地 6人分

〈 材料 〉

じゃがいも    -----  450g
薄力粉      -----  150g
強力粉      -----  75g
卵黄       -----  1個
パルメザンチーズ -----  大さじ1・1/3
塩        -----  ひとつまみ

薄力粉(打ち粉用)
塩(ゆで汁用)

〈 作り方 〉

① じゃがいもをよく洗い、串がスッと刺さるかたさになるまで蒸す。
② 蒸したじゃがいもの皮をむいて、熱いうちにマッシャーでつぶし、粗熱をとる。
③ 小麦粉、卵黄、パルメザンチーズ、塩を、②と合わせ、粉っぽさがなくなるまでこねる。
④ まな板やのし台に打ち粉をして、12等分に切り分ける。
⑤ それぞれを指くらいの太さの棒状に伸ばし、1.5cmくらいの長さに切る。
⑥ 小さく切った生地に打ち粉をまぶし、フォークの裏を使ってひとつずつ模様を付ける。
⑦ 鍋にたっぷりの湯を沸かし、湯の量に対し約3%分量の塩を入れる。
⑧ 沸騰した湯の中にニョッキを入れて、浮き上がってくるまでゆでる。(目安時間1~2分)
⑨ ゆであがったら、穴じゃくしですくい取る。


●トマトクリームソース 6人分

〈 材料 〉

蟹ほぐし身    -----  300g
しめじ      -----  1パック(100g)
たまねぎ     -----  1/2個
にんにく     -----  1かけ
オリーブ油    -----  大さじ3
ホールトマト缶  -----  600g
生クリーム    -----  200cc
パルメザンチーズ -----  20g
塩        -----  適量
黒胡椒      -----  適量イタリアンパセリ

〈 作り方 〉

① にんにくをみじん切り、たまねぎを粗みじんにする。しめじは石づきを取り、ほぐす。
② ホールトマト缶はフォークや手などでつぶし、ヘタのかたい部分は取り除く。
③ フライパンにオリーブ油を熱し、にんにくとたまねぎを炒める。
④ にんにくとたまねぎの香りが出てきたら、しめじを加え、さらに炒める。
⑤ トマト缶を加え、もったりしてくるまで5分ほど煮る。
⑥ 蟹のほぐし身を汁ごと入れて、1分ほど煮込む。
⑦ 弱火にして生クリームを加え、ひと煮立ちしたらパルメザンチーズを入れて火をとめる。
⑧ 茹で上げたニョッキを入れてからめ、塩と胡椒で味をととのえる。
⑨ 皿に盛り付けて、刻んだイタリアンパセリをのせる。


お時間に余裕がある時には手作りニョッキが美味しいですが、
市販の冷凍品でも美味しく頂けます111.png162.png
じゃがいもの代わりにかぼちゃやさつまいもでも作ることができます。
ソースの蟹は海老など、しめじはマッシュルームなどに差し替えても大丈夫ですよ!

ぜひ作ってみてくださいね177.png


栄養士:森島沙織

[PR]
# by nsc-n2 | 2017-09-22 16:00 | レシピ
こんにちは。
もうすぐ9月ですがまだまだ暑い日が続きますね。

今回は鶏のバジル炒めをご紹介します。
c0173014_08574309.jpg
     ごはん  炒め   バジル  鶏
タイ語ではガオ・パッド・ガパオ・ガイと言います♪

〈材料 6人分〉
・鶏もも肉(皮なし)  600g………1cm角に切ってたたいておく
A・赤パプリカ     1/4個………A(赤パプリカ、ピーマン、玉ねぎ)は
・ピーマン      2個    合わせて300gくらいにする。1.5cm角に切る
・玉ねぎ       1/2個
・油(炒め用)     大さじ2
B・にんにく      1片…………B(にんにく、パクチーの根、プリッキーヌ)
・パクチーの根    1本    をクロックでつぶす。クロックとは石臼。
・プリッキーヌ    1本    なければフードプロセッサーで。
C・ナンプラー     大さじ2……Cの調味料(ナンプラー、オイスターソース、
・オイスターソース  大さじ2  シーユーダム、砂糖、水)をすべて合わせる。
・シーユーダム    小さじ2 
・砂糖        大さじ1
・水         50ml
・バジル       2枝…………葉のみにする
・卵 6個
・油(卵を揚げる用)   適量
・きゅうり       1本…………斜め薄切りにする
・ジャスミンライス   適量(1人150g~200g)

<作り方>
①フライパンに炒め用の油とBを入れ火にかける。香りが出たら、鶏肉を加え色が変わったらAの野菜を加え軽く炒めCを加えて調味する。
最後にバジルを加え火を止める。
②目玉焼きを作る:熱した多めの油の中に割った卵をそっと流す。油をかけながら揚げ焼きにする。半熟になったら油から引き上げる。
③ご飯に、バジル炒めと目玉焼き、薄切りのきゅうりをそえていただく。

タイの料理屋さんで、人気の鶏のバジル炒めをのせたご飯。一緒にいただく目玉焼き(タイではカイ・ダーオ 星卵)が辛さを和らげてくれます。
鶏肉は面倒でもたたいた方が絶対、絶対美味しくいただけます。ひき肉でも出来ますけど…。たたいた方が美味しいです。
バジルはタイではガパオ(ホーリーバジル)を使います。日本では手に入りにくいのでスイートバジルでも構いません。

是非作ってみてください。

管理栄養士 谷澤登志美


[PR]
# by nsc-n2 | 2017-08-31 09:01 | レシピ
こんにちは!
梅雨に入って、昼間は湿度が高くて暑いときがあるかと思えば、
雨が降って涼しいときもあり体調を崩しやすい季節ですが、
皆様、体調を崩していませんか?

暑いと食欲も減退してきます。

今回は、暑いときにオススメのデザートのご紹介です。

「ミルク&ネクターゼリー ~桃のコンポート添え~」
c0173014_18080445.jpg

材料<作りやすい分量(約10人分)>

・ピーチネクター   450㎖
・生クリーム     200㎖
・グレナデンシロップ 大さじ1
・水         100㎖
・ゼラチン      15g


・白桃        2個
・レモン汁      大さじ3
・砂糖        100g
・白ワイン      50㎖
・水         200㎖


~ミルク&ピーチゼリー~ の作り方

①水にゼラチンを振り入れふやかしておく。
②ピーチネクター、生クリーム、グレナデンシロップを鍋に入れ加熱する。
 (加熱中、分離しないようによく混ぜる)
③沸騰直前で火を止め、ふやかしたゼラチンを②に入れしっかりと溶かす。
 ボウルに移し、氷水で少しとろみが出るまで冷やす。
④器に盛り付け冷蔵庫で冷やす。


~桃のコンポート~ の作り方

①桃に軽く十字の切り込みを入れ、沸騰したお湯に入れ、すぐに冷水に取り、皮を剥く。
②たてに一周切り込みを入れる。
 優しくねじり、種から外す。
③半分の残った種は、スプーンで優しく取り出し、くし切りにしてレモン汁に浸けておく。
④鍋に白ワインを入れ沸騰させ、アルコールをとばす。
⑤次に砂糖、水を加え再度沸騰させる。沸騰したら、くし切りにした桃をレモン汁ごと加え、5分煮る。
⑥粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。
⑦固まったゼリーの上に、桃のコンポートを盛り付け、コンポートのシロップをかけてお召し上がり下さい。


これからの時期、旬になってくる桃を使った一品です。
ブログを載せた時期(6月下旬)は、桃の旬としては「はしり」の時期になります。
はしりの時期の桃は、ちょっと渋みがあるものもあります。
そんな時は、今回のようにコンポートにすると、おいしく召し上がれますので、挑戦してみてください。

また、ゼリーの「生クリーム」を「炭酸水」に替え作ると、サッパリとした出来上がりになります。

栄養士:髙野晃市


[PR]
# by nsc-n2 | 2017-06-26 18:18 | レシピ

えびときのこの一口揚げ

こんにちは!
日を追うごとに暑さが増し、日脚も伸びて夏の足音が聞こえてきますね。
季節の変わり目ですので、体調の管理には気を付けましょう。

さて、今回は「えびときのこの一口揚げ」をご紹介いたします。

c0173014_1821716.png


〈 材料 〉 6人分

えび       -----  18尾
しめじ      -----  1パック
さつまいも    -----  150g
みつば      -----  1/3束
薄力粉      -----  大さじ2

 | 卵        -----  小1個
A| 水        -----  120ml
 | 薄力粉      -----  75g

揚げ油

 | みりん      -----  40ml  
B| 濃口醤油     -----  20ml
 | 薄口醤油     -----  20ml
 | だし       -----  200ml

天紙


〈 作り方 〉

① えびは殻をとり、背わたをとって洗い、1cm程度に切る。
② しめじは石づきを取り、半分の長さに切ってばらしておく。
③ さつまいもはきれいに洗い、皮付きのまま1cmくらいの角切りにし、水にさらす。
④ みつばは2cm程度の長さに切る。
⑤ ①~④の具材をボウルにあわせ、薄力粉をいれて軽く混ぜる。
⑥ Aの卵と水を合わせ、薄力粉を入れてさっくり混ぜて衣を作る。
⑦ ⑤を⑥の衣に入れ、さっくりと混ぜ合わせる。
⑧ 12等分(1人2個あて)にして、180℃の揚げ油で揚げる。
⑨ Bを合わせて火にかけ、天つゆを作る。
⑩皿に天紙を乗せ、かき揚げを盛り付けて天つゆを添えれば完成。

具材は、夏は枝豆を入たり、甘味のあるたまねぎを入れたり、
季節ごとの旬の食材や好みのものに変えても美味しく揚がりますよ!

かき揚げが難しい場合は、種をしゃもじにのせて油に入れたり、
小さく切ったオーブンシートにのせてそのまま揚げると
綺麗にできます。

是非チャレンジしてみてくださいね!


栄養士 森島沙織
[PR]
# by nsc-n2 | 2017-05-19 18:28 | レシピ
こんにちは110.png

遅くなってしまいましたが、
4月に行われました、体験入学のレシピの一つをご紹介いたします!
パーティーにもお弁当にもぴったりの一品です164.png

<揚げない!ヘルシースコッチエッグ>

c0173014_10392343.jpg


【 材料 】6人分
 (タネ)
 ゆで卵(S~Mサイズ)  6個    
 合いびき肉       450g
 塩           小さじ1/2
 こしょう        少々
 ナツメグ        少々
 溶き卵         1/2個
 たまねぎ        200g
 パン粉         45g
 牛乳          大さじ3
 (衣)
 薄力粉         適量
 溶き卵         タネの残り+1個
 パン粉         適量

【 作り方 】
 ① パン粉に牛乳を入れ、ふやかしておく。玉ねぎはみじん切りにする。
   衣に使用するパン粉はフライパンできつね色になるまで乾煎りする。
 ② ひき肉と塩をボウルに入れ、粘り気が出るまでしっかり混ぜる。
 ③ ②にこしょう・ナツメグ・溶き卵を加えて、さらによく混ぜる。
 ④ ①のパン粉・たまねぎを順に加えてよく混ぜ、6等分にする。
 ⑤ ゆで卵に薄力粉をまぶし、④の1/6量でゆで卵を包む。
    ※ここでタネの空気はしっかりと抜いておく!
 ⑥ 薄力粉→溶き卵→乾煎りしたパン粉の順につける。
 ⑦ 240℃に予熱したオーブンで17分焼く。
 ⑧ 縦半分に切って盛り付け、お好みでケチャップやソースをかける。


今回は、オーブンでヘルシーに仕上げましたが、
油で揚げても美味しいです111.png
卵だけでなく、色んな野菜を包んでみても楽しいですよ169.png

栄養士:平田夏菜


[PR]
# by nsc-n2 | 2017-05-06 10:42
こんにちは001.gif

まだまだ寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
今回はそんな寒い冬に旬を迎える食材を使ったレシピをご紹介したいと思います。
「春菊としめじのくるみ和え」です011.gif

c0173014_16342384.jpg


〈 材料 〉6人分

春菊         350g
しめじ        1パック
むきくるみ      60g

みりん        大さじ2
しょうゆ       大さじ1・1/2
砂糖         大さじ1/2


〈 作り方 〉

① 春菊はかたい軸を切り落とし、塩を入れた熱湯で色よくゆで、冷水に取る。
  3cm幅程度に切ってしっかりと水を絞る。
② しめじは石づきを取り、小房に分けてゆでてよく水を切る。
③ くるみはローストし、すり鉢で粗めに潰す。(袋に入れて叩いても可。)
④ 合わせた調味料とくるみを合わせ、春菊としめじを和える。

くるみのローストは160℃のオーブンに10分ほど入れて頂くか、
フライパンで弱火で乾煎りするとできますよ!

春菊はビタミンA・B群・E、βカロテン、カルシウム、鉄など、
不足しがちな栄養素が充実している冬の代表的な緑黄色野菜となります001.gif
風邪や感染症の予防、動脈硬化の予防など、さまざまな効果が期待できる上、
特有の香りには、胃腸の調子を整えて、のどの炎症を防いでくれる働きがありますよ016.gif

春菊が苦手な方でも、このくるみ和えは比較的食べやすい仕上がりになっています。
ぜひ一度作ってみてくださいね056.gif


栄養士 森島沙織
[PR]
# by nsc-n2 | 2017-01-23 16:49 | レシピ

牛肉のカラフルマリネ

こんにちは001.gif
あっという間に秋が過ぎ、寒い季節になってきましたね。
今回は、牛肉を使ったマリネをご紹介したいと思います。

c0173014_15371761.jpg


〈 材料 〉6人分

牛もも肉薄切り    360g

たまねぎ       100g
赤パプリカ      100g
黄パプリカ      100g
れんこん       90g
水菜         60g
サラダ油       大さじ1

グリーンリーフ    6枚

 | たまねぎ       20g
 | にんにく       5g
 | 酢          大さじ3
 | 水          大さじ3
A | EXVオリーブ油    大さじ1
 | サラダ油       大さじ1
 | 砂糖         大さじ1
 | 塩          小さじ1
 | 黒胡椒        少々
 | 乾燥バジル      少々


〈 作り方 〉

① Aのたまねぎをみじん切り、にんにくはすりおろし、他の調味料と合わせてマリネ液を作る。
② 牛肉は一口大に切り、たまねぎは粗みじん、パプリカは拍子切りにする。
  水菜はざく切りにする。
③ れんこんは薄くスライスして、油で揚げて、れんこんチップスを作る。
④ グリーンリーフは食べやすい大きさにちぎる。
⑤ フライパンに油を熱し、たまねぎをさっと炒めてから牛肉を加える。
⑥ 肉の色が変わったらパプリカを入れ、炒める。肉に完全に火が通ったら、火を止める。
⑦ 粗熱が取れたら、水菜、マリネ液と混ぜ合わせる。
⑧ 皿にグリーンリーフを敷いて、上に⑥を盛り付ける。れんこんチップスを飾る。


マリネというと冷たくして食べるイメージがありますが、
このマリネはほんのり温かくて、寒い季節でも食べやすいお料理になります。
使うお野菜次第でいろいろな季節で楽しめますので、是非作ってみてくださいね056.gif

栄養士 森島沙織
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-11-14 16:01 | レシピ

手づくりピクルスサラダ

こんにちは!001.gif
朝晩は、涼しい風を感じるようになりましたが、まだまだ昼間は暑いですね。042.gif
暑いときには、さっぱりとしたものが食べたくなります。

今回ご紹介するのは、こちら
「手づくりピクルスサラダ」です072.gif
c0173014_14525420.jpg

材料{6人分}
・プチトマト  12個           ☆ドレッシング
・玉ねぎ    1/2個           ・ピクルスの漬け汁   大さじ2
・レタス    180g            ・レモン汁      小さじ2
・水      200ml           ・EXバージンオイル  大さじ1
・上白糖    100g            ・ブラックペッパー  適量
・穀物酢    a 100ml+ b 50ml    ・塩         適量
・とうがらし   1本

<作り方>
①玉ねぎを5mm間隔の輪切りにし、ほぐしておく。
 レタスは、1口サイズにちぎり冷水に晒しておく。
②お湯を沸かし、プチトマトのおしりの方に爪楊枝でキズをつけ、沸騰した湯に入れる。
 7~8秒したらすぐに氷水に取り皮を剥く。
③水、酢a、砂糖を合わせて加熱し、沸いたら酢bと唐辛子を加え、
 切った玉ねぎ入れ1分加熱する。
④浸け汁を玉ねぎの入ったまま氷水または、冷蔵庫で冷やし、冷たくなったらプチトマトを
 入れ、食べる直前まで浸け込んでおく。
⑤浸け汁を取り、EXバージンオイルとレモン汁をよく混ぜ、塩とブラックペッパーで味を整えて
 ドレッシングを作ります。
⑥レタスを皿に盛り、玉ねぎとプチトマトを盛り付ける。
⑦ドレッシングをかけて完成です。

甘めのレシピになりますので、酸っぱいものが苦手な方も1度お試し下さい。001.gif
また、プチトマトはフルーツのようになりますので、トマト好きの方は、ぜひお試し下さい。016.gif
夜は涼しく、昼間は暑く、気温差が出てきましたが体調を崩さないように、お気を付け下さい。

栄養士 高野晃市
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-08-31 15:38 | レシピ

鶏手羽元のトマトソテー

こんにちは012.gif
紫外線の強い季節となりました!042.gif
お肌の弾力を作る「コラーゲン」がたっぷりの手羽元、
美白に良いといわれている「リコピン」がたっぷりのトマトを使った
鶏手羽元のトマトソテーを紹介します058.gif
c0173014_132396.jpg


レシピです

材料(6人分)

鶏手羽元  18本
塩  小さじ2
胡椒  少々
薄力粉  適量
油  大さじ3
バター  30g
たまねぎ  1個
にんにく   1片
しめじ  1パック
トマト缶(カット)  300g
白ワイン  300ml
フォンドヴォー  100ml
粉チーズ

ベビーリーフ  
スライスアーモンド(150℃のオーブンで8分焼く)


作り方

1.手羽元は骨にそって開き、塩コショウをして15分ほどおき、薄力粉をまぶす。
2.フライパンに油を熱し、手羽元を入れて火を通す。
3.フライパンから手羽元を取り出し、バターを足してみじん切りにした玉ねぎ、
  にんにくを入れてゆっくり炒める。
4.水気がなくなり、玉ねぎに色がついたらしめじを加える。
5.白ワインを加え、半量になるまでしっかり煮詰める。
6.トマト缶を入れて、さらに煮込む。
7.フォンドヴォーを加えて鶏肉を戻し、弱火にして10分ほど煮込む。
8.お皿に盛り付け粉チーズをふり、付け合せにベビーリーフ、アーモンドを添える。」

手順5.6でしっかり煮込むと、酸味が飛んで美味しく仕上がります。
ぜひ試してみてくださいね。

栄養士:石黒元子
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-07-11 13:09 | レシピ
こんにちは。
今回ご紹介するのは、夏にピッタリ!豚しゃぶサラダです001.gif


c0173014_18322098.jpg


〈 材料 〉

豚もも肉薄切り    480g

白ごま        大さじ3
小ねぎ        1/2束
みょうが       6個
しょうゆ       大さじ6
酢          大さじ2
だし汁        大さじ6
みりん        小さじ1

サニーレタス     120g
紫たまねぎ      1/4個
ミニトマト      12個(一人2個)


〈 作り方 〉

① 小ねぎは根を切り落とし、小口切りにする。
② みょうがは縦4つに切り、小口切りにする。
③ 調味料は合わせておく。
③ サニーレタスは食べやすい大きさに手でちぎる。
④ 紫たまねぎは皮をむいて、薄くスライスする。サニーレタスと合わせる。
⑤ ミニトマトは縦半分に切る。
⑥ たっぷりの熱湯の中で豚肉を1枚ずつ茹で、ザルにあげる。
⑦ 皿にサニーレタス、紫たまねぎを敷き、豚肉を乗せる。
⑧ 合わせた調味料と、白ごま、小ネギ、みょうがを合わせて、ソースを作る。
(小ネギとみょうがは飾り用に少し残す。)
⑨ ソースをかけ、残りの小ネギ、みょうがを散らす。ミニトマトを飾る。


豚肉に多く含まれているビタミンB1は、エネルギーとなる糖の代謝に大きく関わっています。
充分摂取することにより、疲労回復につながりますよ!
これからの暑い季節には是非食べていたたきたい食材のひとつです。
お肉を食べて、夏を乗り切りましょう016.gif


栄養士 森島沙織
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-06-27 18:34 | レシピ

旬の食材を使ったレシピを紹介します。


by nsc-n2