手づくりピクルスサラダ

こんにちは!emoticon-0100-smile.gif
朝晩は、涼しい風を感じるようになりましたが、まだまだ昼間は暑いですね。emoticon-0141-whew.gif
暑いときには、さっぱりとしたものが食べたくなります。

今回ご紹介するのは、こちら
「手づくりピクルスサラダ」ですemoticon-0171-star.gif
c0173014_14525420.jpg

材料{6人分}
・プチトマト  12個           ☆ドレッシング
・玉ねぎ    1/2個           ・ピクルスの漬け汁   大さじ2
・レタス    180g            ・レモン汁      小さじ2
・水      200ml           ・EXバージンオイル  大さじ1
・上白糖    100g            ・ブラックペッパー  適量
・穀物酢    a 100ml+ b 50ml    ・塩         適量
・とうがらし   1本

<作り方>
①玉ねぎを5mm間隔の輪切りにし、ほぐしておく。
 レタスは、1口サイズにちぎり冷水に晒しておく。
②お湯を沸かし、プチトマトのおしりの方に爪楊枝でキズをつけ、沸騰した湯に入れる。
 7~8秒したらすぐに氷水に取り皮を剥く。
③水、酢a、砂糖を合わせて加熱し、沸いたら酢bと唐辛子を加え、
 切った玉ねぎ入れ1分加熱する。
④浸け汁を玉ねぎの入ったまま氷水または、冷蔵庫で冷やし、冷たくなったらプチトマトを
 入れ、食べる直前まで浸け込んでおく。
⑤浸け汁を取り、EXバージンオイルとレモン汁をよく混ぜ、塩とブラックペッパーで味を整えて
 ドレッシングを作ります。
⑥レタスを皿に盛り、玉ねぎとプチトマトを盛り付ける。
⑦ドレッシングをかけて完成です。

甘めのレシピになりますので、酸っぱいものが苦手な方も1度お試し下さい。emoticon-0100-smile.gif
また、プチトマトはフルーツのようになりますので、トマト好きの方は、ぜひお試し下さい。emoticon-0115-inlove.gif
夜は涼しく、昼間は暑く、気温差が出てきましたが体調を崩さないように、お気を付け下さい。

栄養士 高野晃市
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-08-31 15:38 | レシピ

鶏手羽元のトマトソテー

こんにちはemoticon-0111-blush.gif
紫外線の強い季節となりました!emoticon-0141-whew.gif
お肌の弾力を作る「コラーゲン」がたっぷりの手羽元、
美白に良いといわれている「リコピン」がたっぷりのトマトを使った
鶏手羽元のトマトソテーを紹介しますemoticon-0157-sun.gif
c0173014_132396.jpg


レシピです

材料(6人分)

鶏手羽元  18本
塩  小さじ2
胡椒  少々
薄力粉  適量
油  大さじ3
バター  30g
たまねぎ  1個
にんにく   1片
しめじ  1パック
トマト缶(カット)  300g
白ワイン  300ml
フォンドヴォー  100ml
粉チーズ

ベビーリーフ  
スライスアーモンド(150℃のオーブンで8分焼く)


作り方

1.手羽元は骨にそって開き、塩コショウをして15分ほどおき、薄力粉をまぶす。
2.フライパンに油を熱し、手羽元を入れて火を通す。
3.フライパンから手羽元を取り出し、バターを足してみじん切りにした玉ねぎ、
  にんにくを入れてゆっくり炒める。
4.水気がなくなり、玉ねぎに色がついたらしめじを加える。
5.白ワインを加え、半量になるまでしっかり煮詰める。
6.トマト缶を入れて、さらに煮込む。
7.フォンドヴォーを加えて鶏肉を戻し、弱火にして10分ほど煮込む。
8.お皿に盛り付け粉チーズをふり、付け合せにベビーリーフ、アーモンドを添える。」

手順5.6でしっかり煮込むと、酸味が飛んで美味しく仕上がります。
ぜひ試してみてくださいね。

栄養士:石黒元子
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-07-11 13:09 | レシピ
こんにちは。
今回ご紹介するのは、夏にピッタリ!豚しゃぶサラダですemoticon-0100-smile.gif


c0173014_18322098.jpg


〈 材料 〉

豚もも肉薄切り    480g

白ごま        大さじ3
小ねぎ        1/2束
みょうが       6個
しょうゆ       大さじ6
酢          大さじ2
だし汁        大さじ6
みりん        小さじ1

サニーレタス     120g
紫たまねぎ      1/4個
ミニトマト      12個(一人2個)


〈 作り方 〉

① 小ねぎは根を切り落とし、小口切りにする。
② みょうがは縦4つに切り、小口切りにする。
③ 調味料は合わせておく。
③ サニーレタスは食べやすい大きさに手でちぎる。
④ 紫たまねぎは皮をむいて、薄くスライスする。サニーレタスと合わせる。
⑤ ミニトマトは縦半分に切る。
⑥ たっぷりの熱湯の中で豚肉を1枚ずつ茹で、ザルにあげる。
⑦ 皿にサニーレタス、紫たまねぎを敷き、豚肉を乗せる。
⑧ 合わせた調味料と、白ごま、小ネギ、みょうがを合わせて、ソースを作る。
(小ネギとみょうがは飾り用に少し残す。)
⑨ ソースをかけ、残りの小ネギ、みょうがを散らす。ミニトマトを飾る。


豚肉に多く含まれているビタミンB1は、エネルギーとなる糖の代謝に大きく関わっています。
充分摂取することにより、疲労回復につながりますよ!
これからの暑い季節には是非食べていたたきたい食材のひとつです。
お肉を食べて、夏を乗り切りましょうemoticon-0115-inlove.gif


栄養士 森島沙織
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-06-27 18:34 | レシピ

旬野菜の肉じゃが

こんにちはemoticon-0100-smile.gif
だんだん暑くなり、夏の足音が近づいてきましたね。

今回は旬野菜を使った肉じゃがのレシピをご紹介したいと思います。
そろそろ初夏のお野菜に切り替わるころですので、
悔いのないよう今のうちにたくさん食べておきましょう!

c0173014_17565715.jpg



〈 材料 〉 6人分

牛もも肉薄切り    300g
新じゃがいも     400g
新たまねぎ      150g
にんじん       120g
きぬさや       12枚(一人2枚)
サラダ油       大さじ3
だし汁        500ml
酒          大さじ3
濃口醤油       大さじ2
濃口醤油(仕上げ用) 大さじ1
砂糖         35g


〈 作り方 〉

①牛肉、じゃがいもは一口大に切る。じゃがいもは水にさらして水気を切る。
 たまねぎはくし切り、にんじんは乱切りにする。
②きぬさやは筋を取って塩ゆでしておく。冷水にとって冷ます。
③鍋にサラダ油を熱し、たまねぎを炒める。軽く火が通ったら牛肉を入れてさらに炒める。
④じゃがいも、にんじんを加えて炒め合わせる。
⑤だし汁、酒を注ぎ、沸騰したらアクをすくい取る。
⑥砂糖、醤油を加えて落し蓋をする。
⑦中弱火で20分ほど煮る。
⑧味がしみ込んだら、仕上げにしょうゆを大さじ1入れる。
⑨皿に盛り付けて、きぬさやを飾る。


たまねぎから炒めることにより、鍋に他の食材がくっつきにくくなります。
また、仕上げに大さじ1のお醤油を入れることによって、
醤油の風味が残りよりおいしく仕上がります。

肉じゃがはシンプルな料理ですが、食材の味がとても感じられる一品です。
是非参考にしてみてくださいemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0171-star.gif


栄養士 森島沙織
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-06-01 18:05 | レシピ

野菜たっぷり餃子

こんにちはemoticon-0102-bigsmile.gif
今回は、野菜がたっぷり入った餃子のレシピをご紹介します!
最近はおしゃれに餃子が食べられる「餃子バル」ができたり、「餃子女子」という言葉ができたり
餃子ブームが広がりつつありますねemoticon-0110-tongueout.gif

c0173014_10165781.jpg


レシピです。

材料(6人分)

豚ひき肉  120g
白菜  400g
たまねぎ  50g
干し椎茸  5枚
おろし生姜  7g
醤油  小さじ1と1/2
塩  少々
胡椒  少々
だし汁 大さじ1と1/2
餃子の皮  36枚(大判が包みやすいです)

ゴマ油

【たれ】
醤油  大さじ5
酢   大さじ4
ラー油  お好みで


作り方

1.白菜はさっと茹でてみじん切りにし、水気を絞る。小さじ1/2程度の塩をふり少しおいて、さらに軽く絞る。
2.玉ねぎはみじん切りにしてフライパンで炒め、冷ましておく。
3.干し椎茸はみじん切りにする。
4.ボウルに豚ひき肉、白菜、たまねぎ、椎茸、おろし生姜、塩、胡椒、だし汁を加えて粘りが出るまで混ぜる。
  ここで少し冷蔵庫に入れて寝かせておくと、おいしいあんになります
5.餃子の皮で④を包む。
  空気が入らないように、皮をしっかり密着させるのがポイント!
6.フライパンに油をひいて餃子を並べ、餃子の1/4~1/3が浸るくらいの水を入れて、蓋をして焼く。
7.水の量が僅かになったらごま油を回し入れ、完全に水分が飛んだら火を止める。

みんなで手作りすることも楽しめるメニューです
具は白菜の代わりにキャベツを使うと、さっぱり食べられる餃子になります。
他にもなんでも好きなものを入れて大丈夫です!
ぜひ参考にしてみてくださいねemoticon-0111-blush.gif

栄養士 石黒元子
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-05-30 10:18 | レシピ
みなさんこんにちは!
温かくなって春の野菜などもおいしい季節になりました。
そこでお家でも作れるオシャレなサラダのレシピのご紹介です。
d0073476_1446184.png

【材料6人分】
・フルーツトマト   3個   ・EXVオリーブオイル  30cc
・ひよこ豆      80g   ・白ワインビネガー   20cc
・モッツァレラチーズ 80g   ・はちみつ       20cc
・紫たまねぎ    50g   ・塩、ペッパー     適量
・きゅうり      1本
・バジル(葉)    6枚

【作り方】
①.トマトはスライスし、切れ端を角切りにする。チーズ、きゅうりは1.5cm角に切る。
 紫たまねぎは薄切りにし、塩揉みをして水にさらす。バジルの葉は細かくちぎる。
②.ボウルにひよこ豆、チーズ、紫たまねぎ、きゅうり、バジル、トマトの角切りを入れ、
 EXVオリーブオイル→ビネガー、はちみつ→塩、ペッパーの順に和える。
③.皿にスライスしたトマトを盛り、②を上に盛り付ける。

この時期なら、紫たまねぎを新たまねぎにしても美味しいですし、フルーツトマトをカラフルなプチトマトに、すれば色合いも華やかになります。色々チャレンジしてみてください。
また、酸っぱいのが苦手な方は、はちみつの量で調節できますよ。

栄養士 髙野 晃市
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-04-29 15:45 | レシピ
皆さん!こんにちは!!
だいぶ暖かくなって春らしくなってきましたね。
今回の今月のレシピは「手作りイチゴジャム」です。
今、イチゴが旬真っ盛りですね。
市販のイチゴジャムも宜しいですが、是非この機会に
手作りイチゴジャムは如何でしょうか?
c0173014_1861111.jpg


~レシピ紹介~
 <材料>
   ・いちご・・・・600g
   ・砂糖・・・・・350~400g(調整原料の60~70%)
   ・レモン汁・・・大さじ1
 
 <材料>
   ①いちごは水洗いし、ヘタ・腐敗部分を除いて水切り後、秤量して調整いちごとする。
   ②調整いちごを鍋に入れて、砂糖の1/3を加えて、いちごから水が
    出てくるまでしばらく放置する。
   ③いちごの原形を崩さないように撹拌しながら加熱し、約7分後砂糖1/3を加えて加熱する。
    さらに7分後に残りの砂糖を加えて濃縮する。
   ④ゼリー状になってきたらレモン汁を加えて濃縮する。
   ⑤濃縮仕上げ点近くになったら弱火にし、コップテストにて濃縮仕上げ点を見ます。
 
    <家庭で出来る濃縮仕上げ点>
      ~コップテスト(水中テスト)~
       煮詰めた液を冷水の入ったコップの中に落とします。
        ・濃縮分不足・・・滴下液がすぐに溶けて水面近くで散る場合
        ・濃縮OK・・・・・・底まで落ちて散る状態
   ⑥パンやヨーグルトと一緒に召し上がれ!!
  是非!!今が旬のイチゴでお試しください。色も綺麗で美味しいですよ♪
  イチゴ以外の果物(リンゴや柑橘類等)で作ってみても美味しいですよ。emoticon-0136-giggle.gif
  添加物なしのジャムですのでお召し上がりはお早めにお願い致しますemoticon-0110-tongueout.gif


                                    栄養士:山下ルミ
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-02-15 17:47 | レシピ

トマトソースのニョッキ

皆さんこんにちは。
今回は、ニョッキの作り方と、ニョッキに良く合うトマトソースの作り方を
合わせてご紹介したいと思います。

c0173014_8501781.jpg



< ニョッキ > 材料 4人分

じゃがいも ・・・ 400g
薄力粉 ・・・ 200g
卵黄 ・・・ 1個
パルメザンチーズ ・・・ 大さじ1・1/2
塩 ・・・ 適量


①じゃがいもをよく洗い、軟らかくなるまで蒸す。
②蒸したジャガイモの皮をむいて、熱いうちにマッシャ-でつぶし、粗熱をとる。
③薄力粉、卵黄、パルメザンチーズ、塩を②と合わせ、粉っぽさがなくなるまでこねる。
④生地をひとまとめにして、ラップにくるみ少し休ませる。
⑤まな板やのし台に打ち粉をして12等分に切り分ける。
⑥指程度の太さの棒状に伸ばし、1.5cmくらいの長さに切る。
⑦小さく切った生地に打ち粉(分量外)をまぶし、
 フォークの裏を使ってひとつずつ模様を付ける。
⑧鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(分量外)を入れる。
⑨沸騰した湯の中にニョッキを入れて、浮き上がってくるまで茹でる。(目安時間2分)
⑩茹であがったら穴じゃくしですくい取る。


< トマトソース > 材料 4人分

ニョッキ ・・・ 上で作ったもの

カットトマト缶 ・・・400g
たまねぎ ・・・ 1/4個
パンチェッタ ・・・ 40g
にんにく ・・・ 1かけ
オリーブオイル ・・・ 大さじ2
バジル ・・・ 適量
塩 ・・・ 少々

パルメザンチーズ ・・・ お好みで


①にんにくとたまねぎをみじん切りに、パンチェッタを小さめの短冊切りにする。
②フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを炒める。
③たまねぎ、パンチェッタを炒める。
④カットトマト缶を入れ、塩で味付けする。
⑤茹で上げたニョッキを入れてソースとからめ、ちぎったバジルを加える。
⑥皿に盛り付けて、好みでパルメザンチーズを振りかける。


ニョッキはじゃがいも以外にもかぼちゃやさつまいもなどで作ることもできます。
いろいろなニョッキを作って食べ比べしてみると面白いですよ!
ソースもトマトソース以外にクリームソースがよく合います。

ぜひ一度ご自宅で試してみてください。


栄養士 森島沙織
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-02-01 10:37 | レシピ

鱈の酒蒸し

皆様新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今回は、冬が旬の鱈を使った「鱈の酒蒸し」をご紹介します。

c0173014_15131556.jpg


材料(2人分)

鱈  2切れ(160g)
塩  小さじ1/4
酒  大さじ1/2
ねぎ  1本
生しいたけ  2枚

(A)
塩  小さじ1/2
酒  大さじ1
ごま油  大さじ1

白ごま  少々


作り方

1.鱈は塩と酒をふっておく。
2.ねぎは斜め薄切りにする。しいたけは軸をおとし、薄切りにする。
3.鱈の水気をきり、耐熱皿に並べる。上にねぎ、しいたけを盛り混ぜ合わせたAを全体に振りかける。
  ラップをし、500Wのレンジで6~7分加熱する。
4.器に盛り付け、白ごまを振る。


レンジでできる、簡単蒸し物です。
鱈以外にも、鮭やカレイなどでもおいしく出来上がります。
お好きな魚と野菜で作ってみてください!
 
栄養士:石黒 元子
[PR]
# by nsc-n2 | 2016-01-04 15:14 | レシピ

きのこのスパゲッティ

皆さまこんにちは!
秋もいよいよ終わりに近づき、少しずつ冬の足音が聞こえてきましたね。
今回は、この季節に美味しいきのこを使ったシンプルなスパゲッティをご紹介したいと思います。



c0173014_1821521.jpg



<材料(2人分)>

スパゲッティ ・・・ 160g
マッシュルーム ・・・1/2パック
生しいたけ ・・・ 2個
しめじ ・・・ 1パック
エリンギ ・・・ 1/2パック
にんにく ・・・ 1かけ
赤唐辛子 ・・・ 1本
オリーブ油 ・・・ 大さじ1
塩 ・・・ 少々
胡椒 ・・・ 少々


<作り方(2人分)>
①きのこの石づきを切り、汚れをふき取るか、洗って、食べやすい大きさに切る。
②にんにくを半分に切り、芯をとって包丁で押しつぶす。
③赤唐辛子はヘタを取り、種を出す。
④沸騰した湯に塩とオリーブ油(各分量外)を入れてスパゲッティを茹でておく。
⑤フライパンにオリーブ油を熱し、にんにく、赤唐辛子を香りが立つまで炒める。
 油に香りが移ったら、にんにくと赤唐辛子を取り出す。
⑥きのこを入れて中火で炒め、塩と胡椒をふる。
⑦スパゲッティのゆで汁を90mlを加えて、スパゲッティを表示時間の約1分前に上げて加える。
⑧アルデンテになったら火を止め、好みの量のオリーブ油をかけて混ぜ、器に盛る。


きのこはお好みのものを合わせてみてください。
辛いものがお好きな方は唐辛子とにんにくを細かく切って、
取り出さず一緒に食べても美味しくいただけます。
簡単に作れますので、ぜひお試しくださいね。


栄養士:森島沙織
[PR]
# by nsc-n2 | 2015-11-05 18:17 | レシピ

旬の食材を使ったレシピを紹介します。


by nsc-n2